浜千鳥

釜石の景色をお酒に変えて

大正12年の創業以来、多くの方に愛されている浜千鳥。その秘訣は品質に徹底的にこだわり続ける姿勢と、長きに渡る経験と挑戦を経て生まれたものでした。日本だけではなく、世界的にも名を広げる日本酒「浜千鳥」についてお届けします。

「鉄と魚のまち」で有名な釜石市。昔は酒造業がない地域だったが、製鉄業が盛んになり、街が発展するにつれ、酒造業が必要となり、創業したのがきっかけでした。最初は「釜石酒造商会」という名前で、地元の方々が好む日本酒づくりをされていました。

地域には酒造が必要だからこそ創設され、それぞれの地域特有の風味や味わいを出します。地酒の中でも、浜千鳥では多くの種類をつくっております。例えば、ふるさと納税にも出している「結の香」は花のような優しい香り、上品な甘みとふくらみのある口当たりが特徴です。

長い歴史と香り豊かで多くの味を生み出す浜千鳥では、原材料で品質が決まると考えております。そのため、山田錦、美山錦などの酒造好適米だけでなく、岩手県が開発したオリジナル品種「結の香」「吟ぎんが」などの岩手県産米も使用し、女性の方からもたくさんの支持を頂いております。 なかでも「ゆめほなみ 本醸造」は隣地の大槌町で発足した酒米研究会によって栽培された大槌町産米「吟ぎんが」を100%使用し、地元農家の方々と活発な意見交換会や各地へ視察に赴くなど地域に密着した酒造りを目指しています。

仕込み水は北上山地系仙磐山の伏流水を使用し、一年を通して安定した水量と水質を確保しております。 水質は軟水で口当たりも優しく浜千鳥の酒質に大きく影響しております。 また、釜石鉱山の地下600mから湧き出た仙人秘水(せんにんひすい)を使用した「仙人郷」はあまりにも清冽で繊細な特徴を持ち、発酵過程で杜氏を悩ませ、興味と驚きを与えた一品です。また、酒造りの担い手は、日本三大杜氏(とうじ)の筆頭とされる南部杜氏の伝統を継承すべく、南部杜氏協会に所属。伝統的な酒造りを基本としながらも、新型酵母の導入など、新しい技術にも積極的に取り組んでおります。

モンドセレクションやサケ・インターナショナルをはじめ、多くの賞を受賞している日本酒銘柄「浜千鳥」。浜千鳥という銘柄の由来は、陸中海岸に群れなす千鳥の姿の美しさをイメージしたもので、お酒もそのように美しくありたいという想いをカタチにしております。バランスがよく、主張しすぎない浜千鳥の味わいは、陸中沖で獲れる新鮮な魚介類との相性が抜群で、古くから今まで地域の食中酒として愛され続けてます。陸中海岸に群れをなす浜千鳥のごとく、それぞれが独自の美しさをもった浜千鳥のラインナップ。希少な一杯を、ぜひ釜石の食材とご一緒にお楽しみください。